続テルマエ・ロマエ第2話感想&考察 新キャラ=コルネリウス

テルマエ・ロマエ考察|漫画友達 テルマエ・ロマエ
テルマエ・ロマエ考察|漫画友達

続テルマエ・ロマエ第2話感想&考察 気になる新キャラ=コルネリウスが登場!

浴場技師コルネリウス・バッラが初登場!

2月13日に「少年ジャンプ+」で配信された「続テルマエ・ロマエ第2話についての感想考察を記させていただきます!

「続テルマエ・ロマエ」第2話には、気になる新キャラ=浴場技師コルネリウス・バッラが登場しましたね!

マルクス・アレリウス(次の皇帝)から「そのピンは… 随分高価な宝石がちりばめられているではないか」と言われると

「…はい アテネに留学していた時 優秀な論文を記したとして授かったものです」

「お恥ずかしながら 10年 いや20年に1人もらえるかどうかというものだそうで…」

などと言い出したところで、コルネリウスが実力以上に自分を大きく見せたがる虚栄心に満ちた男である事がバレバレとなっていましたし…

気にいらない事があると、それをすぐ人のせいにして八つ当たりするワガママな男であるという事もその後すぐによーくわかりました!

コルネリウスはルシウスの活躍が面白くなさそうだったから…

コルネリウスは、自分が「世にもおぞましき汚水」と評したミラビリスの温泉の良さ(泉質の素晴らしさ・若返りの湯としての効能)をルシウスが見出し、見事に浴場を再建させた後…

「どこの誰だ 余計な事しやがって…」

と不満そうな顔をし、腕組みしながら言っていましたから… 今後、きっとルシウスの足を引っ張るような事を何かしてくるんでしょうね?

実際には若返りの効能を持つ素晴らしい泉質の温泉のことを「世にもおぞましき汚水」などと評してしまったコルネリウス自身に問題があって赤恥をかくようなかたちになってしまったわけですが…

おそらくコルネリウスは、そうは思わず「余計な事」をしやがった者=ルシウスのせいで自分が赤恥をかかされてしまったと思っているでしょうから!

どこからどう見てもコルネリウスはルシウスの足をひっぱろうとして、なんか姑息で卑劣な事をいかにもやってきそうなキャラにしか見えないですしね!

続テルマエ・ロマエ第2話感想&考察 ルシウスの今回のタイムスリップは…

続テルマエ・ロマエ第2話感想&考察 新キャラ=コルネリウスイメージ・フォロロマーノ
テルマエロマエ考察イメージ・フォロロマーノ

ルシウスがタイムスリップした新菊島温泉は…

ルシウスが、今回、ミラビリスの温泉からタイムスリップしたのは、福島県の新菊島温泉だったようですが…

「福島県岩瀬郡鏡石町の「新菊島温泉」は現在は閉館しています」

と作品中に記されていましたね!

ネットで調べてみたら、新菊島温泉は2021年4月に閉館していたようですので…

ルシウスが今回、タイムスリップして訪れていたのは現在(2024年)の日本ではなくて2021年4月以前の日本(の新菊島温泉)だったという事になりそうです!

作者のヤマザキマリさんは新菊島温泉が閉館する前からルシウスを新菊島温泉に登場させてみたいという構想を持っていて…

「続テルマエ・ロマエ」でそれを実現できた時には、残念ながら新菊島温泉は既に閉館していたということなのでしょうかね?

現在は既に閉館してしまっていても、それでも「続テルマエ・ロマエ」の中に登場させたいほどヤマザキマリさんにとって新菊島温泉は魅力的な温泉だったという事なのでしょうか?

ルシウスのタイムスリップが今後も続くなら…

前回の「続テルマエ・ロマエ」第1話でさつきがルシウスの前から突然姿を消してしまっていた事が明かされていましたが…

もしもさつきが、古代ローマから本来の自分のいるべき時代である現在の日本に何かの拍子でタイムスリップしていたのだとしたら…

現在の日本へのタイムスリップ(今回の第2話のタイムスリップは微妙に現在ではない日本へのタイムスリップだったようですが)を続けているうちに…

いつかまたルシウスは、さつきと再会するようになるのではないでしょうか?

ただ… もしも本当にルシウスが現在の日本でさつきと再会をはたしたとしても…

さつきがまた古代ローマにタイムスリップをしてルシウスや息子マリウスと一緒にそこで暮らすようになるのかというと…

そうとばかりは必ずしも限らないような気がしますが、はたしてどうなるのでしょうかね?

まあ… まずはルシウスとさつきの再会が先ですし… さつきが、現在の日本に戻っているとばかりは限らないかもしれませんが。

続テルマエ・ロマエ第2話感想&考察 新キャラ=コルネリウスイメージ古代ローマ・コロッセオ
テルマエ・ロマエ考察イメージ古代ローマ・コロッセオ

【テルマエ・ロマエ考察 その他の記事】

続テルマエ・ロマエ第3話感想&考察 ルシウスと湯の花マニア

続テルマエ・ロマエ第1話感想&考察 還暦ルシウス登場

※この記事はKADOKAWA刊・ヤマザキマリ著「テルマエ・ロマエ」全6巻、「少年ジャンプ+」などを資料にしています。

※当サイトの記事の無断転載・無断使用を固く禁じます。

タイトルとURLをコピーしました