鬼滅の刃考察|パワハラの鬼・鬼舞辻無惨のブラック上司ぶり

鬼滅の刃考察|漫画友達鬼滅の刃
鬼滅の刃考察|漫画友達

鬼舞辻無惨はパワハラの鬼・そのブラック上司ぶり 鬼滅の刃考察

鬼舞辻無惨はパワハラの権化・ブラック上司!

鬼舞辻無惨といえば、そのパワハラぶり、ブラック上司ぶりが、あまりにも有名で…

最近では「鬼滅の刃」のことをよく知らない人までが、鬼舞辻無惨がパワハラの権化、最悪のブラック上司であることを知っていたりして、もう笑ってしまいます!

鬼舞辻無惨のパワハラぶり・ブラック上司ぶりが有名になってから既に…

鬼舞辻無惨のパワハラぶり・ブラック上司ぶりが話題となり、有名になったのは、2019年秋にテレビアニメ第1期=竈門炭治郎立志編の第二十六話で…

下弦の鬼達を相手に鬼舞辻無惨が、超パワハラぶり、超ブラック上司ぶりを遺憾なく発揮したことによってでしたから、この記事を書いている時点で既に二年以上が経っています。

ですが… 未だに鬼舞辻無惨のパワハラぶり・ブラック上司ぶりについては、よく話題になっているみたいですね!

で… 最近、鬼舞辻無惨や「鬼滅の刃」とは全く関係ない件でパワハラ上司やブラック上司の特徴を知りたくなってネットで調べてみたんですが…

パワハラ上司の特徴、ブラック上司の特徴とされている事が、鬼舞辻無惨にことごとく当てはまることばかりで、思わず笑ってしまいました!

パワハラ上司・ブラック上司の特徴が、いかに鬼舞辻無惨にピタリと当てはまっているか、是非あなたもご覧ください!

鬼舞辻無惨にはパワハラ上司・ブラック上司の特徴がことごとく当てはまる!

漫画友達・鬼滅の刃考察|イメージ鴉シルエット

パワハラ上司・ブラック上司の特徴① 自己中心的ですぐに怒る

パワハラ上司・ブラック上司には、自己中心的で、自分の思いどおりにならないとすぐに怒るという特長がありますが…

鬼舞辻無惨ほど自己中心的で自分の思いどおりにならないとすぐに怒る者は、滅多にいないですよね!

パワハラ上司・ブラック上司の特徴② 失敗を全て部下のせいにしてしまう

パワハラ上司・ブラック上司には、失敗の原因が自分にあるとはせず、失敗は全て自分ではなく部下のせいにしてしまうという傾向があるようですが…

鬼舞辻無惨が、部下たちの前で自分の非を認めていることなど見たことがありません。

逆に失敗を責めているところは、例のパワハラ会議(鬼滅の刃6巻 第51話~第52話)をはじめ、数多くありますけれどもね。

パワハラ上司・ブラック上司の特徴③ 自分の考えが絶対正しいと思っている

パワハラ上司・ブラック上司には、自分の考えこそが絶対に正しいと思っていて、異なる意見を聞く耳は全く持たないという特長もあるようですが…

鬼舞辻無惨ほど自分の考えが絶対に正しいと思っていて、他者の言うことを全く聞こうとしない者もまずいません!

例のパワハラ会議での鬼舞辻無惨の下弦の弐に対する

「黙れ 何も違わない 私は何も間違えない」

「全ての決定権は私に有り 私の言うことは絶対である お前に拒否する権利はない 私が“正しい”と言った事が“正しい”のだ」

という言葉(鬼滅の刃6巻 第52話)からも鬼舞辻無惨が、いかに自分が絶対に正しいと思っているのかが、よくわかりますね!

パワハラ上司・ブラック上司の特徴④ すぐに部下に罵声を浴びせる

パワハラ上司・ブラック上司には、すぐに部下に罵声を浴びせるという特長もありますが…

鬼舞辻無惨の場合は、罵声を浴びせるだけではすまずに気に入らなければ部下の命まですぐに奪ってしまうわけですから…

この点に関してはパワハラ上司・ブラック上司どころではなく、まさにパワハラの鬼… というか鬼以外の何者でもないですね!

パワハラ上司・ブラック上司の特徴⑤ 成果を出すための具体的な方法を指示できない

パワハラ上司・ブラック上司には、成果を出せない部下を叱責するばかりで、成果を出すための具体的な方法を指示しない(指示できない)という特徴もあるといいますが…

鬼舞辻無惨も部下を叱責するばかりで、成果を出すための具体的な指示を出していなかったですよね!

上弦の鬼たちを集めて

「産屋敷一族を未だに葬っていない “青い彼岸花”はどうした?」

「なぜ何百年も見つけられぬ 私は-… 貴様らの存在理由がわからなくなってきた」

と言っていた時(鬼滅の刃12巻 第98話)も鬼舞辻無惨は

■青い彼岸花を見つけ出すためには何をすればいいのか

■どうしたら産屋敷一族を見つけ出すことができるのか

ということは全く言っていませんでしたしね。

※この記事は集英社刊ジャンプコミックス・吾峠呼世晴著「鬼滅の刃」1~23巻、「鬼滅の刃公式ファンブック鬼殺隊見聞録」、「鬼滅の刃公式ファンブック鬼殺隊見聞録・弐」などを資料にしています。

本文中( )内に鬼滅の刃○巻 第○話とある場合は該当巻・該当話を参照したことを意味します。

タイトルとURLをコピーしました