ジョージ・ジョースターⅠ世が全ての元凶|ジョジョの奇妙な冒険考察

呪術廻戦考察|漫画友達ジョジョの奇妙な冒険

ジョジョの奇妙な冒険考察 ジョージ・ジョースターⅠ世は一族に不幸を招いた元凶!?

ジョージ・ジョースターⅠ世が全ての元凶|ジョジョの奇妙な冒険考察|ジャンプコミックス全巻セット

「ジョジョの奇妙な冒険」はジョースターの血を継ぐ者達とディオの因縁の物語

「ジョジョの奇妙な冒険」の第一部から第六部までの主人公(歴代のジョジョ)は、全員がジョースターの血を継ぐ者達であり…

第一部と第三部のラスボスは、ディオであり、第六部のラスボスはディオの意志を継ぐエンリコ・プッチでした。

そして、第一部の主人公ジョナサン・ジョースターの息子であり、第二部の主人公ジョセフ・ジョースターの父親であったジョージ・ジョースターⅡ世は…

吸血鬼となったディオが作ったゾンビによって亡き者とされていますから、間接的にディオによって命を奪われたとも言えます。

ですから、「ジョジョの奇妙な冒険」はジョースターの血を継ぐ者達とディオとの因縁の物語であるとも言えるわけですが…

ディオとの因縁を作ってしまい、ジョースターの血を継ぐ者達に不幸を招いてしまった元凶は…

第一部の主人公ジョナサン・ジョースターの父であるジョージ・ジョースターⅠ世だと言えると思います!

ジョースター一族の不幸はジョージ・ジョースターⅠ世が招いたもの!?

ジョージ・ジョースターⅠ世は、命の恩人が亡くなり、その息子であるディオをジョースター家に引き取ったということになっていたのですが…(ジョジョの奇妙な冒険1巻 侵略者ディオの巻)

実は、ディオの父ダリオ・ブランドーが、本当は自分の命の恩人などではなく、こすずるい悪党であると知っていながら…(ジョジョの奇妙な冒険2巻 一組の指輪の巻)

なぜか、そのこすずるい悪党ダリオの息子ディオを自分の家に引き取ることにし、後にディオを自らの養子にまでしているのです。

後にディオは、吸血鬼となり、大恩人であるはずのジョージ・ジョースターⅠ世の命を奪い…(ジョジョの奇妙な冒険2巻 一組の指輪の巻)

ジョージ・ジョースターⅠ世の息子ジョナサン・ジョースターの命をも奪い…(ジョジョの奇妙な冒険5巻 忘却の彼方への巻)

その後もジョースターの血を継ぐ者達に不幸を招き続けます。

ですが… もしも、ジョージ・ジョースターⅠ世が、ディオの父ダリオがこすずるい悪党であると知っていながら、なぜかディオを引き取り、養子にまでするという…

常人には理解し難い常軌を逸した行動に出ることさえなければ、ジョージ・ジョースターⅠ世自身や息子ジョナサン・ジョースターは、もっと長生きできたはずですし…

ジョースターの血を継ぐ者達に不幸がふりかかることもなかったはずなのです!

ジョースター一族の不幸の始まりとなった石仮面もジョージ・ジョースターⅠ世が…

ジョージ・ジョースターⅠ世が全ての元凶|ジョジョの奇妙な冒険考察|フィギュア石仮面

ディオを吸血鬼に変えた石仮面はジョージー・ジョースターⅠ世が買ったモノ!

また… ジョージ・ジョースターⅠ世は、ディオをジョースター家に引き取り、自らの養子にしてしまっただけではなく…

ディオを吸血鬼に変えた石仮面を美術商から買い、ジョースター家に飾ってもいたのです。

言うまでもないことですが、もしも、石仮面に出会うことがなければ、ディオが吸血鬼になることはなかったわけです!

あのディオさえもが「すごく不気味な仮面」と言ってしまうような石仮面を美術商から気に入って買い…

しかも、「妻の写真がわり」という意味不明とも言えることを言って、自らの邸宅に石仮面を飾っておきさえしなければ…(ジョジョの奇妙な冒険1巻 愛しのエリナの巻)

ディオが、吸血鬼になることはなかったはずなのです!

ですから、ジョージ・ジョースターⅠ世が、こすずるい悪党の子と知っていながら、ディオを引き取り、自らの養子とすることなどなく…

なおかつ、石仮面を気に入って美術商から購入するなどということがなければ…

ジョースターの血を継ぐ者達に不幸が降りかかることはなく、彼らが「奇妙な冒険」を強いられることなかったはずですが…

もちろん、それでは、「ジョジョの奇妙な冒険」の物語が成り立たないことは言うまでもありませんけれどもね。

タイトルとURLをコピーしました