S級妖怪が雷禅の下に1人、軀の下に77人以上|幽☆遊☆白書考察

幽☆遊☆白書考察|漫画友達幽☆遊☆白書
幽☆遊☆白書考察|漫画友達

幽☆遊☆白書考察 S級妖怪が雷禅の下には1人しかおらず、軀の下には77人以上はいた!

雷禅の部下たちの中にはS級妖怪が1人しかいなかったよう

雷禅の部下である北神は東王、西山とともに人間界にやって来て幽助の前に現れた時に

「霊界側の能力基準で言いますと後ろの二人はA級 私はS級の部類に属します」

と言っていました。(幽☆遊☆白書17巻 魔界への招待状!!)

雷禅が亡くなり、魔界統一トーナメントが行われると決まった後、北神たちは幽助をサポートするためにトーナメントに参戦することに決めていましたが…(幽☆遊☆白書18巻 来訪者たち 魔界統一トーナメント)

その時の様子からすると雷禅の部下たちの中で最強の四人が北神、東王、西山、南海の四人だったようです。

そして、その四人の中でS級妖怪は北神だけであとの三人はA級妖怪でしたから…

雷禅の部下の中にS級妖怪は北神1人だけしかいなかったということになりそうですね!

軀の部下たちの中には少なくとも77人はS級妖怪がいた!

飛影は軀からの誘いに乗って魔界にやって来て半年経った頃、A級妖怪が束になってかかっても敵わないくらいの強さを身につけていました。

A級妖怪が束になってかかっても敵わないわけですから、この時点で飛影がS級妖怪にランクされる強さになっていたことは間違いありません。

そんな飛影に軀は

「今から戦士を一人連れてくる 多分今のお前と互角くらいの力の持ち主だ」

「オレは下級兵とは別に側近として常に77人の厳選された戦士を連れている 数に深い意味はない その数字が好きなんだ」

「今から連れてくるのは その中で一番弱いヤツだ」

と言っています。

そして、軀は魔界整体師・時雨を連れてきて飛影と戦わせました。

その結果、飛影と時雨は相討ちになりましたが… 飛影も時雨も特殊な装置の中に入れられて治療を施され、蘇っています。(幽☆遊☆白書18巻 それぞれの一年 飛影 前編~後編)

A級妖怪が束になってかかっても敵わないS級妖怪になっていた飛影と互角くらいの力の持ち主と軀が見立て、実際に相討ちになったわけですから時雨もまたS級妖怪だったことは間違いありません。

そのS級妖怪・時雨が側近として連れている厳選された戦士77人の中で一番弱かったというのですから…

軀の部下には少なくとも77人はS級妖怪がいたということになりますね!

雷禅の下に1人しかないなかったS級妖怪が軀の下には77人以上いた件について考える

漫画友達・S級妖怪が雷禅の下に1人、軀の下に77人以上|幽☆遊☆白書考察イメージ雲間の太陽

国王同士の力は拮抗していたが三国の力は拮抗していなかった

雷禅、黄泉、軀の三人の国王の力は、彼らの妖力値が

■雷禅 1322000

■黄泉 1550000

■軀  1575000

だったことからもわかるように拮抗していたようですが…(幽☆遊☆白書18巻 それぞれの一年 蔵馬 前編)

雷禅の下には1人しかいなかったS級妖怪が軀の下には最低でも77人はいたということになりますと…

雷禅、黄泉、軀が治める三国の国王以外の力は全く拮抗はしていなかったということになりますね!

三国の力が拮抗していなかったことは黄泉が幹部たちを集めて行っていた会議で三国の軍事力は、黄泉の国を100とした場合…

雷禅の国は56、軀の国は125となっていたこと(幽☆遊☆白書18巻 それぞれの一年 蔵馬 前編)によって裏付けられています。

黄泉の下にいたS級妖怪の戦力は軀の下にいたS級妖怪の戦力を下回る

また黄泉が幹部たちを集めて行っていた会議では三国の軍事力に占める国王の力も示されていましたが、その数値は

■雷禅 国全体56 雷禅個人49

■黄泉 国全体100 黄泉個人55

■軀 国全体125 軀個人 75

となっていました。(幽☆遊☆白書18巻 それぞれの一年 蔵馬 前編)

国全体の軍事力から国王の軍事力を引いた数値は

■雷禅の国 7

■黄泉の国 45

■軀の国 50

となりますから…

黄泉の下にいるS級妖怪の人数は不明ですが、そのS級妖怪たちによる戦力は、おそらく軀の下のS級妖怪による戦力よりは下なのでしょう。

ただし… 妖力値37800の黄泉の部下・鯱も妖力値89500の軀の部下・奇淋もどちらもS級妖怪ということになりますから…

戦力的には勝っている軀の下のS級妖怪たちよりも黄泉の下のS級妖怪の方が人数は多かったということはあり得ます。

漫画友達・S級妖怪が雷禅の下に1人、軀の下に77人以上|幽☆遊☆白書考察イメージひとだま

【幽☆遊☆白書考察のその他の記事】

雷禅と軀の対立が始まったのは七百年前?千年前?|幽☆遊☆白書考察

桑原の強さは幻海以上になっていた?|幽☆遊☆白書考察

鴉と武威が幻海の指導受け蔵馬の薬草食べたら|幽☆遊☆白書考察

戸愚呂兄より鴉と武威の方が強かった件|幽☆遊☆白書考察

蔵馬が鴉戦で妖狐の姿になった時の強さは?|幽☆遊☆白書考察

エンマ大王はS級妖怪に敵わないのか?|幽☆遊☆白書考察

蔵馬と桑原は鈴木のアイテムがなかったら?|幽☆遊☆白書考察

飛影と蔵馬の元A級妖怪とは思えない言動|幽☆遊☆白書考察

幽☆遊☆白書考察|幻海の強さは何級に相当?B級?それとも…

幽☆遊☆白書考察|コエンマの赤ん坊のような姿と青年の姿

※この記事は集英社刊ジャンプコミックス・冨樫義博著「幽☆遊☆白書」1~19巻を資料にしています。

本文中( )内に幽☆遊☆白書○巻 「○○○」とある場合は該当巻・該当話を参照したことを意味します。

タイトルとURLをコピーしました