死滅回游泳者・日車寛見は102点をどう得た?|呪術廻戦考察

呪術廻戦考察|漫画友達呪術廻戦
呪術廻戦考察|漫画友達

呪術廻戦考察 死滅回游泳者・日車寛見は102点をどう得た?

漫画友達・死滅回游泳者・日車寛見は102点をどう得た?|呪術廻戦考察イメージ渋谷の夜景

死滅回游の泳者日車寛見は法の世界で戦っていた男だった

死滅回游泳者(プレイヤー)となった者は、他泳者の生命を絶つことで点を得るようになっていて…

得られる点は、原則術師5点、非術師1点となっています。(呪術廻戦 第146話)

で… 他泳者の命を奪いまくり、あっという間に得点が200を超えた鹿紫雲一(かしもはじめ)が、100点を使い、全泳者の情報を開示するというルールを追加したため…

ルール追加に100点を消費しても、まだ100点を有している鹿紫雲一以外にもう一人100点を有している泳者がいることを伏黒恵、虎杖悠仁が知りました。

その泳者の名は日車寛見(ひぐるまひろみ)でしたが…(呪術廻戦 第158話)

日車寛見が法の世界で戦っていた弁護士だったことがわかりました。(呪術廻戦 第159話)

日車寛見は弱者を見捨てられない男だった

経済的にも精神的にも追い詰められていた刑事事件の容疑者を見捨てずに弁護に当たっていた日車寛見は、他の弁護士からは弱者救済のために戦うことを信条としているように見られていましたが…

日車寛見自身は、それを否定し

「……私は 弱者救済など掲げてはいません」

「昔から自分がおかしいと感じたことを 放っておけない性分でした それが治ってないだけです」

と言っていましたが、続けて

「正義の女神は法の下の平等のために目を塞ぎ法の下の平等のために目を塞ぎ 人々は保身のためならあらゆることに目を瞑る」

「そんな中 縋りついてきた手を振り払わない様に私だけは目を開けていたい」

と言っていましたし…

実際、追い詰められた者、弱者の手を振り払わすに弁護に当たっていましたので…(呪術廻戦 第159話)

日車寛見のことを「おかしいと思ったことを放っておけない性分のたまに弱者救済のために法の世界で戦っていた男」と言っていいだろうと思います。

死滅回游の泳者となり102点を得ていた日車寛見

日車寛見の式神(?)が出現!

日車寛見が、納得できない判決が下された法廷でカンカンカンカンと勢いよく槌を机に打ちつけ

「全員戻れ」

「やり直しだ」

と言い放つと… 日車寛見の後ろには、公正さの象徴である天秤を模した形をして目は開かないように縫い付けられた不気味な怪物が出現していました。

偽夏油こと羂索が、渋谷事変の際に真人の無為転変を取り込んですぐに、その力を早速使い…

「マーキング済の2種類の非術師に遠隔で「無為転変」を施した」

「虎杖悠仁のように呪物を取り込ませた者 吉野順平のように術式を所持しているが脳の構造(デザイン)が非術師の者 それぞれの脳を術師の形に整えたんだ」

「前者は器としての強度を 後者は術式を発揮する仕様を手に入れた」

と言っていましたから…(呪術廻戦16巻 第136話)

日車寛見の後ろに現れた不気味な怪物は、術師となった日車に召喚された式神と考えていいのでしょう。

102点を得ていた日車寛見

日車寛見は、死滅回游の泳者として102点を得ていたわけですから…

既に死滅回游の泳者20人以上の命を奪ったということになります!

マーキング済ではあったのでしょうが、羂索が無為転変の遠隔操作を行ってから術師となったばかりの日車寛見が…

「弱者救済など掲げていません」と言いながら弱者救済をしてきた日車寛見が…

あっという間に20人以上の命を奪っていたわけです!

真実を追及するのではなく、悪と一度決めつけた者を悪に仕立て上げてしまう法の世界の矛盾にブチ切れてしまった日車寛見は…

自分が悪であるとジャッジした者の命を次々に奪い…

たちまち死滅回游の泳者として102点を得てしまったということなのでしょうかね?

タイトルとURLをコピーしました