禰豆子が太陽を克服できたのはなぜなのか?|鬼滅の刃考察

鬼滅の刃考察|漫画友達鬼滅の刃
鬼滅の刃考察|漫画友達

鬼滅の刃考察 禰豆子が太陽を克服できた理由を推察する

漫画友達・禰豆子が太陽を克服できたのはなぜなのか?|鬼滅の刃考察イメージ夜空に浮かぶ月

禰豆子は千年で初めての太陽を克服した鬼

平安時代に鬼舞辻無惨が鬼となってから約千年の間、太陽を克服した鬼は全くいませんでした。

ですから、禰豆子は、千年の歳月の中でそれまで一人もいなかった太陽の光を克服した鬼だったわけですが…

太陽を克服できなかった他の鬼たちと禰豆子は、いったい何が違っていたのでしょう?

そして、なぜ禰豆子だけがなぜ太陽を克服できたのでしょう?

考えていってみたいと思います。

禰豆子が太陽を克服することを珠世は予想していた!

禰豆子が太陽を克服できた理由を推察するにあたって忘れてはならないのが、禰豆子が太陽を克服することを珠世が事前に予想していたことです。

珠世は、禰豆子が太陽を克服するより前に炭治郎に宛てた手紙の中に

「炭治郎さん これは完全に私の憶測ですが 禰豆子さんは近いうちに太陽を克服すると思います」

と書き記していました。(鬼滅の刃15巻 第127話)

「憶測ですが」と記してはいましたが、数百年もの間、鬼についての研究を続けてきた珠世が、禰豆子が太陽を克服すると予想していたわけですから…

そう予想するだけの根拠が何かあったはずです。

この時、珠世は同じ手紙の中に

「浅草で無惨に鬼化させられた男性が自我を取り戻しました」

「禰豆子さんの血のお陰です」

「無惨の支配からも解放され少量の血で生きていられる」

「禰豆子さんの血の変化には驚いています この短期間で血の成分が何度も何度も変化している」

と記しています。(鬼滅の刃15巻 第127話)

ですから、珠世は、禰豆子の血に起こっている変化の仕方を見て禰豆子が太陽を克服することを予想をしていたのでしょう。

そうなりますと、問題なのは、禰豆子の血になぜそのような変化が起こっていたのかということになってきますね。

禰豆子よりもずっと速く鬼になった瞬間に太陽を克服していた炭治郎

禰豆子だけでなく炭治郎も太陽を克服していた!

禰豆子の血に珠世を驚かせるような変化が起こったのは、彼女が生まれ持った資質によるものだったのでしょうが…

消滅する直前の鬼舞辻無惨によって鬼にされた炭治郎もまた太陽を克服していました。

そして、炭治郎を鬼化した時に無惨は

「もしも即死を免れ生きることができたなら 竈門炭治郎 お前は陽の光をも克服し最強の鬼の王となるだろう」

「なぜならお前は竈門禰豆子と血を分けた兄であり あの化け物と同じ呼吸を使うことができた唯一の者」

と思っていました。(鬼滅の刃23巻 第201話)

なお、この時、無惨が「あの化け物」と心の声で言っていたのは、日の呼吸を使えた継国縁壱のことです。

そして、無惨が予想したとおりに鬼化した炭治郎は、恐るべき速さで太陽を克服してしまったわけですから…

鬼化した炭治郎が、太陽を克服できたのは、生まれつき特別な血を持っていた上に日の呼吸をも使えるようになっていたためであり…

禰豆子が太陽を克服できたのも生まれつき特別な血を持っていたためということになりますね。

では… なぜ禰豆子や炭治郎は特別な血を持っていたのかということについては…

また考えがまとまりましたら書かせていただこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました