黒閃の威力2.5乗のツッコミポイント|呪術廻戦考察

呪術廻戦考察|漫画友達呪術廻戦
呪術廻戦考察|漫画友達

呪術廻戦考察 黒閃の威力は通常の2.5乗と設定されているが…

漫画友達・黒閃の威力2.5乗のツッコミポイント|呪術廻戦考察イメージ渋谷の夜景

黒閃の威力=通常の2.5倍という設定がツッコミを呼ぶ

黒閃とは、打撃との誤差0.000001秒以内に呪力が衝突した際に生じる空間の歪みであり…

その威力は、平均で通常の2.5乗とされています。(呪術廻戦6巻 第48話)

通常の2.5乗というのは、打撃の持つ破壊力と呪力の持つ破壊力を足したものの2.5乗という意味なのだと思われます。

芥見下々氏は、「倍」以上のインパクトを求め、

「10の2倍は20だけど10の2乗は100!! 倍より乗のが強い!!」

と思って黒閃の威力を「通常の2.5倍」ではなく「通常の2.5乗」と設定されたようですが…

「でも1の2乗は1ですよ 1の2倍は2だけど」

とツッコマレてしまったようですが…(呪術廻戦6巻 108ページ)

今回は、この「黒閃=通常の2.5乗」という設定について私もツッコンでみたいと思います!

黒閃が通常の2.5乗という設定へのツッコミ

単位が変わると2.5乗された数値はまるで違ってくる!

打撃や呪力の威力が、「mp」や「cp」という単位で示され、「10mp」=「1cp」であると仮定します。

打撃と呪力の通常の威力が「10mp」=「1cp」だった場合にその2.5乗である黒閃の威力を算出しますと…

単位が「mp」の場合は、10の2.5乗ということで黒閃の威力は約316mp=31.6cpということになります。

ところが、単位が「cp」の場合は1の2.5乗ということで黒閃の威力は1cpのままとなってしまうんですよね!

10mpと1cpは同じ威力を示しているはずなのに2乗をした時の値は全く違うものになってきてしまうんですよね!

元の値が1を下回ると黒閃の威力は通常以下になってしまう!

芥見下々氏は「でも1の2乗は1ですよ 1の2倍は2だけど」とツッコマレて

「1の呪力って何!?」と逆ギレしていたということですが…(呪術廻戦6巻 108ページ)

もしも打撃と呪力の通常の威力の値が、0.7とか0.8とか1を下回る値だった場合には、黒閃の威力は通常以下ということになってしまうんですよね!

こうしてツッコミながら考えていくと、「倍」と比べると「乗」って取り扱いが難しいということがわかってきますね!

タイトルとURLをコピーしました