偽夏油こと羂索は虎杖の母親だったのか?|呪術廻戦考察

呪術廻戦考察|漫画友達呪術廻戦
呪術廻戦考察|漫画友達

呪術廻戦考察 虎杖は偽夏油こと羂索が女の体を乗っ取って産んだ?

漫画友達・偽夏油こと羂索は虎杖の母親だったのか?|呪術廻戦考察イメージ渋谷の夜景

偽夏油が「我ながら流石」と言っていた時は意味がわからなかったが…

渋谷事変の際に偽夏油が虎杖に対し

「我ながら流石と言うべきか 宿儺の器タフだね?」

と言っていた時(呪術廻戦15巻 第133話)には、正直に言いますと、意味が全然わかりませんでした。

察しがいい人、頭の回転が速い人は、偽夏油のこの一言で

「虎杖は、偽夏油に宿儺の器として人為的に作られた存在だったのか!」

と察したところなのでしょうが…

鈍重なる私は、そんなふうに察することはできなかったことを明かしておきます。

虎杖の母親の頭の縫い目が意味することは…

ですが、そんな鈍重な私でも虎杖が赤ん坊だった頃の回想に出てきた彪杖の母親と思われる女の頭に偽夏油を思わせる縫い目が、あるのを見た時には、さすがにピンときました!

虎杖の祖父=倭助と父親=仁が

倭助:「仁…オマエがどう生きようとオマエの勝手だ だがあの女だけはやめとけ 死ぬぞ」

仁:「悠仁の前で変な話はやめて下さい 案外憶えているそうですよ 赤ん坊の記憶」

倭助:「オマエが子供を欲しがっていたことも香織との間にそれがかなわなかったことも知ってる だが香里が死んだのは」

というやりとりをしていたところで、虎杖の母親と思われる頭に偽夏油と同じように頭に縫い目がある女が登場し

「お義父(とう)さん なんの話ですか?」

となんとも不気味な表情で言っていました。(呪術廻戦 第143話)

この女は、おそらく夏油の体を乗っ取る前の羂索本人だったのだろうと思いますが…

仮にそうではなかったとしても、少なくとも偽夏油こと羂索が、虎杖の誕生に関わっていたことは確定的と思われます!

偽夏油=羂索は虎杖の母親だった!?

虎杖の母親は偽夏油=羂索だった!?

脳を入れ替え、他人の肉体を乗っ取る術式を使う偽夏油こと羂索なら、もちろん女性の肉体を乗っ取ることも簡単にできるでしょう。

そして、宿儺の器を生み出す父親として必要な因子(遺伝情報でしょうか?)を持つ男=虎杖仁を見つけた羂索は…

■自らは宿儺の器の母親となるのに必要な因子を持つ女の肉体を乗っ取り、目論みどおりに宿儺の器=虎杖悠仁を産んだ

■宿儺の器の母親となる因子を持っていた香織の肉体を羂索が奪った

のどちらかだったのではないでしょうか?

もしも、そのとおりだったとしたら、偽夏油=羂索は、虎杖を産んだ母親であるということになりますから…

「我ながら流石と言うべきか 宿儺の器タフだね?」

という言葉は

「さすがは私が産んだ宿儺の器 思い通りに育ってくれたね」

「私の計算通りに産まれた宿儺の器だけあってさすがにタフだね」

といった意味を持っていたということで、納得できますよね!?

タイトルとURLをコピーしました