五条悟の封印を物語の展開が必要としていた?|呪術廻戦考察

呪術廻戦考察|漫画友達呪術廻戦
呪術廻戦考察|漫画友達

呪術廻戦考察 五条悟の封印は物語の展開に必要なことだった?

漫画友達・五条悟の封印を物語の展開が必要としていた?|呪術廻戦考察イメージ渋谷の夜景

五条悟の封印は呪霊が勝つための条件

偽夏油こと羂索(けんじゃく)は、かつて漏瑚に呪霊たちが呪術師に勝つための条件として

■五条悟を戦闘不能にする

■両面宿儺=虎杖悠仁を仲間に引き込む

の二つを挙げていました。(呪術廻戦2巻 第10話)

そして、偽夏油こと羂索は渋谷事変を企て、獄門彊によって五条悟を封印してしまいました。(呪術廻戦11巻 第91話)

五条悟を封印した本当の理由

ですが… 羂索が五条悟を封印した本当の目的は、呪霊たちを呪術師に勝たせることではなく…

羂索の本当の目的は「日本全土を対象とした人類への進化の強制」でした。(呪術廻戦 第145話)

つまり… 羂索は、「人類への進化の強制」を行うためには邪魔となる五条悟を封印するために呪霊たちのことを利用していたと考えていいでしょう。

ですが… 五条悟の封印を必要としていたのは、実は羂索だけではなく…

「呪術廻戦」の作者である芥見下々氏もまた羂索と同様に… あるいは、もしかしたら羂索以上に五条悟の封印を必要としていたのではないでしょうか?

呪術廻戦の物語は五条悟の封印を必要としていた?

五条悟が誕生したことで世界の均衡は変わってしまった

呪霊が年々力を増すこと感じとっていた呪詛師・粟坂二良が、五条悟のことを一目観た途端、瞬時に

「五条悟が生まれて、世界の均衡(バランス)が変わったんだ!!」

と気づいたようです。

陸上競技の不動の世界記録が急に更新されだすように…

フィギュアスケーターが、ある選手を境に次々とジャンプの回転数を上げるように…

五条悟は、誕生したことによって呪術、呪霊の世界の均衡を一人で大きく変えてしまっというのです。(呪術廻戦11巻 第96話)

超越的強者・五条悟が敵キャラだったら…

そんな誕生しただけで世界の均衡を変えてしまうような超越的強者・絶対強者の五条悟が、もしも敵キャラだったとしたら…

倒す方法があるのかが疑問に思えてくるくらいの超強敵、究極のラスボスとして、その作品世界に君臨したことでしょう。

ですが… 「呪術廻戦」の世界では五条悟は敵キャラではなく、主人公=虎杖悠仁や仲間たちの味方なんですよね!

五条悟は、虎杖たちにとって非常に頼もしい味方ですが…

誕生したことで世界の均衡を変えてしまうほどの超越的強者が味方にいるとなってしまいますと…

どうしても物語から緊迫感が削がれることになってきますよね!

なにしろ読者・視聴者は、虎杖たちが、どれほどの危機に陥っても「五条がくれば大丈夫」とは思うでしょうし…

どんなに手強い強敵が現れても「五条には勝てないだろ」と思ってしまうでしょうからね!

五条悟の封印を物語の展開が必要としていた!?

ですから… 頼もしすぎ、強すぎる味方キャラ・五条悟の封印を「呪術廻戦」は必要としていたのではないでしょうかね?

そして… 超越的強者・五条悟が封印されてしまうことを納得させるために羂索が登場し、渋谷事変が起こされたのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました