張相は確かに虎杖の兄・存在しない記憶の謎解決!?|呪術廻戦考察

呪術廻戦考察|漫画友達呪術廻戦
呪術廻戦考察|漫画友達

呪術廻戦考察 張相は確かに虎杖の兄で存在しない記憶の謎も解決した!?

漫画友達・張相は確かに虎杖の兄・存在しない記憶の謎解決!?|呪術廻戦考察イメージ渋谷の夜景

張相は加茂憲倫のことを「親」だと思っている

張相は、虎杖のことを自分の弟だと感じ取り、それを確信した後で偽夏油=羂索と対峙した際に

「俺には3人の親がいる 母 母を孕ませた呪霊 そしてその間に血を混ぜた 母を弄んだ 憎むべき-」

と心の声で言った後、声を出して

「そういうことか!!」

「加茂憲倫!!」

と言っていました。(呪術廻戦16巻 第134話)

これによって、張相が、「母」「母を孕ませた呪霊」とともに「母を弄んだ憎むべき加茂憲倫」のことも自分の「親」だと思っていることがわかりました!

加茂憲倫=羂索が親なら確かに張相は虎杖の兄!?

呪術廻戦第143話で虎杖が赤ん坊の頃の記憶が描かれていましたが…

虎杖の母親の頭に偽夏油と同じように縫い目がありましたから、虎杖の母親が女の体を乗っ取っていた羂索であり…

羂索は、宿儺の器=虎杖を産むために女の体を乗っ取っていたのだろうと推察されます。

で… 推察どおりに羂索が、虎杖を産んだ女であったとしたら…

羂索は、張相の「親」であり虎杖の「親」でもあるということになるわけです!

張相は虎杖の兄であり、存在しない記憶の謎も解決!?

張相は確かに虎杖の兄だった!?

張相にとっても虎杖にとっても羂索が「親」であったということになりますと…

確かに張相と虎杖は、同じ「親」から産まれた兄弟であり、張相は、虎杖の「兄」であるということになりますね!

張相の脳内に存在しない記憶が溢れ出した

虎杖を気絶させ、トドメを刺せそうになった時に突然、張相の脳内に存在しない記憶が溢れ出し…(呪術廻戦12巻 第105話~第106話)

それ以降、張相は、虎杖の兄として振る舞うようになりましたが…

張相の脳内に突然、存在しない記憶が溢れ出したのは、虎杖が自分の「弟」であることを、その血によって本能的に感じ取ったためと解釈できそうですね!

そのとおりだとすれば、虎杖と対峙していた者の脳内に突然、存在しない記憶が溢れ出した謎の現象の内、張相の方については謎が解けたことになります!

まあ… 東堂の方は、単に彼が思い込みの激しい変人であるというだけのことで、謎でもなんでもないのかもしれませんが…。

タイトルとURLをコピーしました