呪術廻戦考察|禪院真希は死滅回游に既に参戦している?

呪術廻戦考察|漫画友達呪術廻戦
呪術廻戦考察|漫画友達

禪院真希は死滅回游に既に参戦しているのか? 呪術廻戦考察

禪院家を壊滅させた禪院真希

禪院真希は、禪院家を壊滅状態にしてしまいましたが…(呪術廻戦17巻 第149話~第152話)

その後、いったいどうしたのでしょうか?

禪院真希は、結果的に禪院家を壊滅させることになりましたが、最初から禪院家を壊滅させるともりで禪院家に戻ったわけではなく…

禪院家に戻ったのは、死滅回游の平定に協力するのに必要となる呪具の回収をするためでした。(呪術廻戦17巻 第146話)

ですから、禪院家を壊滅させるという衝撃的な事件を起こしてしまった(真希にとっては自分の命を守るための正当防衛的な行動だったかもしれませんが)禪院真希ですが…

虎杖悠仁、伏黒恵、乙骨憂太らと同様に死滅回游を平定することを目的に死滅回游に参戦するつもりになっていたわけですから…

禪院真希が死滅回游に参戦してこないということは、まあ、まず考えられないですよね。

禪院真希は既に死滅回游に参戦しているのか?

禪院真希は、武具を回収し、禪院家を壊滅させた後、実は既に死滅回游に参戦しているのではないかと考えたのですが…

時系列を考えると、それはどうでしょうか?

禪院真希が禪院家を壊滅させるところは「呪術廻戦」第149話~第152話(17巻)で描かれました。

ですが、秤金次を味方に引き入れることに成功した虎杖悠仁たちが、死滅回游を平定させるためにどう動くべきかを打ち合わせていた「呪術廻戦 第158話」に

「翌日 禪院家壊滅」

と記されていました。

したがって、「呪術廻船」第1498話~第152話(17巻)で描かれた禪院真希が禪院家を壊滅させるという衝撃展開は…

虎杖悠仁、伏黒恵、秤金次、パンダが死滅回游のステージとなっている領域(コロニー)に踏み込んだ翌日のことになるはずです。

ということは… 「呪術廻戦」第163話では伏黒恵とレジィ、虎杖悠仁と日車寛見が対峙しているところが描かれ…

「呪術廻戦」第164話~第166話では「虎杖悠仁VS日車寛見」が描かれましたが…

「呪術廻戦」第166話終了の時点では、禪院真希はまだ禪院家を壊滅させていないということになるはずです!

ですから… 禪院家を壊滅させた禪院真希が「呪術廻戦」第166話までの時点で既に死滅回游に参戦しているということは、時系列的にあり得ません!

禪院真希は死滅回游に必ず参戦してくる!?

漫画友達・呪術廻戦考察|禪院真希は死滅回游に既に参戦している?イメージ渋谷の夜景

禪院真希が死滅回游に参戦してこないという展開はあり得ない!?

とはいえ… 禪院家を壊滅させた後、禪院真希が死滅回游に参戦してこないという展開はあり得ないと思います。

死滅回游に参戦するために必要な武具を回収するために禪院家に戻った禪院真希が、武具を回収するという目的を果たしていながら…

死滅回游への参戦はとりやめてしまうという展開はあり得ないものでしょうからね!?

禪院真希が仲間の危機を救う!?

双子の妹である真依が逝ったことにより覚醒し、おそらく伏黒甚爾と同等の身体能力を得たはずの禪院真希は…

呪術御三家の一つ禪院家をたった一人で壊滅させてしまったことからも明らかなように突出した強さを持つようになっています。

そんな禪院真希が、虎杖悠仁や伏黒恵よりも少し遅れて死滅回游に参戦してくるということになってきますと…

虎杖悠仁や伏黒恵が危機に陥ったところに禪院真希が登場し、彼女が危機に陥っていた者を救うという展開などいかにもありそうだと思えるのですが…

どうなるでしょうかね?

漫画友達・呪術廻戦考察|禪院真希は死滅回游に既に参戦している?イメージ連なる鳥居の写真

【呪術廻戦考察のその他の記事】

呪術廻戦考察|泳者間での点の譲渡や死滅回游から離脱は可能になる?

呪術廻戦考察|100点をくれる日車は虎杖たちの味方になるのか?

呪術廻戦ネタバレ166話|日車が術式を解き虎杖に100点をやると…

呪術廻戦考察|虎杖VS日車と伏黒VSレジィの決着を予想する

呪術廻戦考察|有罪・死刑となった虎杖が生き延びる道は?

呪術廻戦ネタバレ165話|日車との戦いで虎杖が死刑宣告を受ける

呪術廻戦考察|虎杖は呪力使えずに日車とどう戦うのか?

呪術廻戦考察|日車が羽場の命を奪わなかったのはなぜ?

呪術廻戦ネタバレ164話|日車が領域展開し虎杖は有罪・呪力没収!

※この記事は集英社刊ジャンプコミックス・芥見下々著「呪術廻戦」1~17巻、「呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校」「呪術廻戦公式ファンブック」、週刊少年ジャンプなどを資料にしています。

本文中( )内に呪術廻戦○巻 第○話とある場合は該当巻・該当話を参照したことを意味します。

タイトルとURLをコピーしました