呪術廻戦考察|髙羽史彦の述式は五条悟にも対抗できうるものだった

呪術廻戦考察|漫画友達呪術廻戦
呪術廻戦考察|漫画友達

髙羽史彦の述式は五条悟にも対抗できうるものだった 呪術廻戦考察

髙羽史彦の述式がどんなものか判明!

週刊少年ジャンプ2022年9号に掲載された「呪術廻戦」第173話で芸人術師・髙羽史彦(たかばふみひこ)の術式が判明しました。

■術式の名称=「超人」(コメディアン)

■術式の内容=髙羽が“ウケる”と確信した想像(イメージ)を実現できる

ということのようです!

ただし… 髙羽自身は、この自分の術式「超人」(コメディアン)のことを何も知らないそうです。

何も知らないということは、無意識のうちに術式を使っているということなのでしょう。

想像を実現できるとなれば無敵?

想像(イメージ)したことを実現できるとなれば…

どんなことであっても想像(イメージ)さえしてしまえば、それを実現できるということで、できないことはない無敵の術式のようにも思えますが…

どうなのでしょうか?

弱点はないのでしょうか?

そして、「呪術廻戦」第173話中には髙羽の術式について「五条悟にも対抗しうる術式」と記されていましたが…

もしも、五条と髙羽が戦ったら、いったいどんなことになるのでしょうか?

考えていってみたいと思います。

髙羽史彦と五条悟の術式がもしも激突したら?

漫画友達・呪術廻戦考察|髙羽史彦の述式は五条悟にも対抗できうるものだったイメージ渋谷の夜景

髙羽史彦の五条悟にも対抗しうる術式の弱点は?

想像(イメージ)したことが実現できるということは限りなく「何でもできる」ということに近く…

できないことなどないのではないかとも思えますね。

ですが… 髙羽の術式「超人」(コメデイアン)で実現できるのは、髙羽が“ウケる”と確信して想像(イメージ)したことに限られるみたいなんですよね!

つまり、これは逆の言い方をすれば、髙羽が“ウケる”と確信できないようなことを想像(イメージ)してもそれを実現はできないということになりますよね!?

無敵のようにも思える髙羽の術式「超人」(コメディアン)に弱点があるとしたら、それは、ここなんじゃないでしょうか?

五条悟の無下限呪術と髙羽史彦の超人が激突したら?

五条の術式「無下限呪術」は、対象物が近づくほど低速化し、永遠に接触を不可能とする、言わば最強のバリアですが…

想像(イメージ)を実現できる術式「超人」(コメディアン)を持つ髙羽が、五条に接触することを想像(イメージ)したら…

もしかしたら、最強のバリアである「無下限呪術」を突破し、髙羽は五条に接触することができてしまうのかもしれませんね!?

また、もしも髙羽が、五条を真っ二つにしたらウケると確信し、それを想像(イメージ)したら…

五条は、髙羽が想像(イメージ)したとおりに真っ二つにされてしまうのかもしれませんね!?

ですが… 髙羽の所持得点(ポイント)は、まだ0点でしたから、誰の命もまだ奪っていないのでしょうから…

髙羽が、相手の命を奪うようなことをウケると確信して想像(イメージ)することが、これまで一度もなかったということになるはずです。

ですから、仮に髙羽が五条と戦うようなことがあったとしても、髙羽が、五条の命を奪うようなかたちで「超人」(コメディアン)を使うことはないでしょう。

ですが… 黄櫨(はぜのき)に何度爆発をくらってもダメージを負わなかった髙羽(呪術廻戦 第1037話)を倒すことは…

もしかしたら、五条をもってしても難しいかもしれないですね!?

漫画友達・呪術廻戦考察|髙羽史彦の述式は五条悟にも対抗できうるものだったイメージ連なる鳥居の写真

【呪術廻戦考察のその他の記事】

呪術廻戦ネタバレ175話|黒沐死を撃破した乙骨を烏鷺亨子が襲撃

呪術廻戦考察|死滅回游の術式を持っていない泳者はノーリスク?

呪術廻戦考察|虎杖が死滅回游の泳者プレイヤーとされていた理由

呪術廻戦考察|五条悟は天逆鉾や黒縄をなぜ封印・破壊した?

呪術廻戦考察|乙骨は黒沐死戦後、石流龍・烏鷺亨子と連戦?

呪術廻戦考察|死滅回游の結界の中に残ってしまった一般人

呪術廻戦考察|乙骨VS黒沐死(くろうるし)戦いの展開は?

呪術廻戦考察|黒沐死(くろうるし)の爛生刀(らんしょうとう

呪術廻戦ネタバレ174話|乙骨VS黒沐死 仙台で戦いが始まる

呪術廻戦考察|天使・来栖華は伏黒をどうするともりなのか?

呪術廻戦考察|乙骨と石流龍・烏鷺亨子・黒沐死の戦い仙台で始まる?

※この記事は集英社刊ジャンプコミックス・芥見下々著「呪術廻戦」1~18巻、「呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校」「呪術廻戦公式ファンブック」、週刊少年ジャンプなどを資料にしています。

本文中( )内に呪術廻戦○巻 第○話とある場合は該当巻・該当話を参照したことを意味します。

タイトルとURLをコピーしました