炭治郎・善逸・伊之助の身長は大正時代の平均以上|鬼滅の刃考察

鬼滅の刃考察|漫画友達鬼滅の刃
鬼滅の刃考察|漫画友達

鬼滅の刃考察 炭治郎・善逸・伊之助の身長は大正時代の平均以上だった

漫画友達・炭治郎・善逸・伊之助の身長は大正時代の平均以上|鬼滅の刃考察イメージ夜空に浮かぶ月

炭治郎・善逸・伊之助の身長は164~165センチ

鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録」によれば炭治郎善逸伊之助身長

・炭治郎=165センチ(選別時 第1話の時点では156センチ)

・善逸=164.5センチ

・伊之助=164センチ

ということで、三人ともほとんど同じでした。

まあ… 確かに見た感じでも、ほとんど同じくらいの身長に見えましたしね。

で、この164~165センチという身長は、令和を生きる私達の感覚からすると、やや小柄なように感じられますね。

ですが、大正時代の人々は、身長164~165センチの彼らのことを小柄だとは思わなかっただろうと思われます。

炭治郎・善逸・伊之助の身長は大正時代の平均以上

大正時代の男性の平均身長は162センチ

現在の日本人男性の平均身長は約171センチですが…

「鬼滅の刃」の舞台となっている大正時代の日本人男性の平均身長は約162センチでした。

ですから、炭治郎、善逸、伊之助の164~165センチという身長は、この時代の平均をやや上回るくらいだったということになり…

この時代の中では、彼らはけっして小柄だとは思われなかったはずです。

炭治郎・善逸・伊之助の身長は、もっと伸びた可能性が高い

しかも、彼らの164~165センチという身長は、まだ彼らが15~16歳の時のものであり、まだ伸びる余地があったわけですから…

炭治郎、善逸、伊之助の身長は平均程度、あるいは平均よりもやや高めなくらいだったと言えるでしょう。

炭治郎・善逸・伊之助が小柄だったのではなく悲鳴嶼や宇髄などの身長が高すぎた!

悲鳴嶼行冥、宇髄天元の高すぎる身長

本当は小柄というわけではない炭治郎・善逸・伊之助が、小柄なように思えてしまったのは…

悲鳴嶼行く妙、宇髄天元などの身長が高すぎたためではないでしょうか?

「鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録」によれば、宇髄天元の身長は198センチということですから…

宇髄天元は、現在の日本に現れてもかなり飛び抜けて、その身長の高さが目立つはずです。

ちなみにNBAの選手たちの平均身長は、198センチから201センチくらいの間で推移しているようですから…

宇髄天元の身長は、NBAの選手なみということになりますね!。

そして、「鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録」によれば、悲鳴嶼行冥の身長は220センチということですから…

これは、もう現在の日本はもちろん、現在のどこの国、どこの集団に行っても飛び抜けて高い身長ですよね!

そんな悲鳴嶼行冥や宇髄天元と同じ組織=鬼殺隊に所属し、彼らと行動を共にしたりしていたために炭治郎・善逸・伊之助は、小柄なように見えてしまいましたが…

実は、彼らは特に小柄というわけではなく、それどころか大正時代の中では、やや身長が高い方なくらいだったというわけです!

タイトルとURLをコピーしました