呪術廻戦考察|禪院真希も伏黒も乙骨も闇堕ちしてしまった件

呪術廻戦考察|漫画友達呪術廻戦
呪術廻戦考察|漫画友達

禪院真希も伏黒も乙骨も闇堕ちしてしまった! 呪術廻戦考察

禪院真希、伏黒、乙骨が次々に闇堕ちしてしまった!?

今更、それを言い出すのは、ちょっと遅いのかもしれませんが…

ここ最近の「呪術廻戦」は主人公の味方側のキャラクターたちが次々に闇堕ちしてしまっていますよね?

もしかしたら、「闇堕ち」という言葉の定義の仕方によっては、彼らは闇堕ちなどしていないという事になるのかもしれませんが…

■人の命を奪って平然としていられる

■躊躇することなく人の命を奪えるようになる

ことが「闇堕ち」であるとすれば…

禪院真希伏黒恵も乙骨憂太も皆、闇堕ちしてしまったということになりますからね!

もっとも… 「死滅回游」という名の壮大なスケールのデスゲームに主人公たちが参戦している「呪術廻戦」の世界の中では…

人の命を奪って平然としていられてり、躊躇することなく人の命を奪えるようになっても、もはやそれを「闇堕ち」とは言わないのかもしれませんが…

この記事の中では、あえてそれを「闇堕ち」と呼ばせてもらうことにします。

禪院真希の闇堕ちは正当防衛から始まった!?

「呪術廻戦」の主人公・虎杖悠仁の味方側のキャラでまず真っ先に闇堕ちしたのは禪院真希でした!

封印された五条悟の解放と死滅回游の平定に協力するために呪具の回収をしようとしていた禪院真希は…

まず父・禪院扇によって命を奪われそうになり、彼を返り討ちにし…(呪術廻戦17巻 第149話)

その後、自分に襲いかかってくる禪院家の者達の命を次々に奪い… その日、禪院家に不在だった躯倶留隊(くくるたい)の者達の命まで奪ってしまったようです。(呪術廻戦17巻 第150話~第152話)

禪院真希が自分に襲いかかってきた禪院家の者達を返り討ちにしたところまでは、正当防衛であるとも言えますが…

その日、禪院家に不在だった躯倶留隊の者達の命まで奪ったというのは、明らかに闇堕ちしてしまった者の行為に他なりませんよね?

伏黒はレジィたちの命を躊躇することなく奪った

伏黒は、死滅回游の舞台となっている結界(コロニー)=東京第1結界(コロニー)に入った当初から

「俺は虎杖とは違う 自分で100点獲ってもいいんだぜ」

と心の声で言っていました。(呪術廻戦18巻 第161話)

ですから、既にこの時点で伏黒は闇堕ちしていたと言えなくもありません。

そして、その後、実際に伏黒はレジィ一派との戦いで針千鈞(はりちづる)(呪術廻戦 第168話)、レジィ・スター(呪術廻戦 第173話)の命を奪っています。

伏黒がレジィ達の命を奪った事を正当防衛的と言えないこともないかもしれませんが…

伏黒が、もしも死滅回游の結界(コロニー)に入ってから倒した羽生や羽場の命を奪わなかった虎杖と同じように人の命を奪うのを避けようとしていたら…

レジィ一派との衝突は避けられたのではないかという気もします。

乙骨はドルゥヴの命を奪った時点で既に…

「呪術廻戦 第174話」が「仙台結界(コロニー)①」となりましたが、ぞの前回の「呪術廻戦 第173話 東京第1結界(コロニー)①」の後半から仙台結界(コロニー)の物語は始まっていました。

そして、その「呪術廻戦 第173話」では仙台結界で四つ巴の状態となっている強者たちのことが紹介されていましたが…

四者の紹介が終わったと思った途端、そのうちの一人=ドルゥヴ・ラクダワラの命をいきなり乙骨が奪ってしまいました!

しかも、乙骨は、その時点で死滅回游の泳者(プレイヤー)として所持得点(ポイント)35点となっていましたから…

死滅回游に参戦するため仙台結界(コロニー)に入ってから乙骨が命を奪った者は、ドルゥヴが七人目だったということもわかりました!

死滅回游では泳者(プレイヤー)となっている術師の命を奪うと得点(ポイント)5点を得ることになっていますからね!

また、乙骨は自分一人で400点獲るつもりになっていましたから、これからも死滅回游の泳者(プレイヤー)の命を奪いまくるつもりでいるようですし…

羂索(けんじゃく)の命も自分で奪うつもりになってもいました。(呪術廻戦 第174話)

禪院真希、伏黒、乙骨が闇堕ちし、虎杖だけが取り残された!?

漫画友達・呪術廻戦考察|禪院真希も伏黒も乙骨も闇堕ちしてしまった件イメージ渋谷の夜景

主人公・虎杖の仲間が次々闇堕ちし、虎杖だけが取り残された!?

禪院真希、伏黒、乙骨と主人公・虎杖の仲間・味方である者たちが、こうまで次々に闇堕ちしていまいますと…

まだ闇堕ちしていない虎杖だけが、一人取り残されてしまったようになってしまっていますよね!

で… 仲間たちが次々に闇堕ちしていったわけですから、近いうちに虎杖もまた闇堕ちしてしまうのでしょうか?

仲間たちが闇堕ちしても虎杖はまだ闇堕ちしない!?

虎杖が闇堕ちすることは、少なくともしばらくの間はないと考えます。

なぜならば、仲間たちと同様に虎杖がすぐに闇堕ちするのならば、渋谷事変の際に宿儺が行った「大量殺人」を自分の罪と認める(呪術廻戦 第165話)ことはなく…

渋谷事変の際の「大量殺人」は自分ではなく、あくまで宿儺の仕業であると主張していたはずだと思うからです。

虎杖は、人の命というものを非常に重みのあるものだと考えているからこそ、宿儺による「大量殺人」を自分の責任と考え、その罪を自分で背負おうとしていたのでしょう。

ですから… 少なくとも当面の間は、虎杖が、禪院真希、伏黒、乙骨と同じように人の命を奪えるようになるという展開はないだろうと予想します。

漫画友達・呪術廻戦考察|禪院真希も伏黒も乙骨も闇堕ちしてしまった件イメージ連なる鳥居の写真

【呪術廻戦考察のその他の記事】

呪術廻戦ネタバレ182話|未来見えるシャルル相手に秤が領域展開

呪術廻戦考察|石流龍と烏鷺亨子は乙骨憂太の味方となる?

呪術廻戦考察|秤金次VSシャルル・ベルナール展開を予想する

呪術廻戦ネタバレ181話|東京第2結界で秤が自称漫画家と対峙

呪術廻戦考察|石流龍と烏鷺亨子は生きている!?何かする!?

呪術廻戦考察|天使・来栖華をなぜ羂索は死滅回游の泳者に?

呪術廻戦考察|禪院真希は死滅回游のどの結界に現れる?

呪術廻戦考察|石流龍400年前の術師でもリーゼントでデザート?

呪術廻戦ネタバレ180話|乙骨が勝利!石流は敗れても満腹

呪術廻戦考察|乙骨と石流の一騎打ちに烏鷺が横ヤリ入れる!?

呪術廻戦ネタバレ179話|三つ巴の戦いから烏鷺亨子が脱落

呪術廻戦考察|乙骨憂太は羂索に勝つことはできない!?

呪術廻戦考察|乙骨と「リカ」の接続持続可能時間は5分

呪術廻戦考察|乙骨が模倣を折本里香解呪後も使えた事とリカ正体

呪術廻戦ネタバレ178話|リカ正体判明&領域展開三重奏

呪術廻戦考察|東京第2結界にいる天使・来栖華なぜ東京第1結界に?

呪術廻戦考察|乙骨憂太の戦いの次は秤金次VS鹿紫雲一かな?

呪術廻戦考察|芸人術師・髙羽史彦の敵は死滅回游のルール!?

※この記事は集英社刊ジャンプコミックス・芥見下々著「呪術廻戦」1~18巻、「呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校」「呪術廻戦刃公式ファンブック」、週刊少年ジャンプなどを資料にしています。

本文中( )内に呪術廻戦○巻 第○話とある場合は該当巻・該当話を参照したことを意味します。

タイトルとURLをコピーしました