ボンド=実験体8号のIQの高さについて|スパイファミリー考察

スパイファミリー考察|漫画友達スパイファミリー
スパイファミリー考察|漫画友達

スパイファミリー考察 ボンド=実験体8号のIQの高さについて考える

プロジェクト・アップルの研究者たちはボンド=実験体8号の予知能力を知らない

ボンドは予知能力を持っていますが… その予知能力は、IQの高い動物を生み出そうとするプロジェクト・アップルの実験体8号だった時にボンドが研究者たちの意図とは関係なく偶発的に体得したものであり…

プロジェクト・アップルに携わっていた研究者たちは実験体8号が予知能力を体得していることに全く気づいてはいなかったようです。(スパイファミリー公式ファンブック EYES ONLY 46ページ)

それも無理なからぬことだと思います。ボンドが予知能力を持っていることを知っている唯一の人物はアーニャですが…

自分以外の者の心を読むことができるアーニャは、ボンドが未来を予知した時の脳内ビジョンを視ることができたためにボンドが予知能力を持つことに気づきましたが…(スパイファミリー4巻 MISSION:19)

プロジェクト・アップルの研究者たちはアーニャのようにボンド=実験体8号の脳内ビジョンを視ることはできませんからね。

それに実験体になった動物たちのIQを高めようとしていた研究者たちにとって実験体8号が予知能力を体得するなど全く想定も想像もしていなかったことだったでしょうしね。

プロジェクト・アップルは半端な成果しか出せなかったとされているが…

プロジェクト・アップルについて管理官(ハンドラー)シルヴィア・シャーウッドとロイド(黄昏)が

シルヴィア:「プロジェクト〈アップル〉 東国(オスタニア)旧政権下 軍事目的でIQの恐ろしく高い動物を生み出そうとしていた研究だ」

ロイド:「知ってます 結構ムチャな実験を繰り返していたらしいが研究半ばで政権が崩壊して計画は頓挫 目標には遠く及ばない半端な成果に終わったと…」

といったやりとりを電話でしていました。(スパイファミリー4巻 MISSION:19)

シルヴィアやロイドが得ていた情報が、もしも本当だったとすれば、実験体8号であったボンドのIQもプロジェクト・アップルを推し進めていた者達や研究者たちを満足させるようなものではなかったという事になりますが…

ボンドのIQは相当高いようにも思えますよね?

実験体8号だったボンドのIQは相当高いように思えるが…

ボンド=実験体8号のIQの高さについて|SPY×FAMILY考察|漫画友達
SPY×FAMILY考察|漫画友達

ボンドは心の中では人間の言葉を話している!?

ジェラシーからボンドが、えーじぇんと〈ぺんぎん〉(ペンギンのぬいぐるみ)を噛んで引っ掻いてズタズタにしてしまった時、アーニャがボンドの心を読むと

「“ペンギン”ワルイ アーニャトッタ」

とボンドは心の声で言っていました。(スパイファミリー5巻 SHORT MISSION:3)

これは、アーニャだからこそボンドの心の声を人間の言葉に変換して読むことができたものとも解釈できますが…

イーデン校の面接試験の前にヨルに秘孔を突かれ、恐がっていた牛の心をアーニャが読んだ時には牛の心の声は人間の言語に変換されてはいませんでした。(スパイファミリー1巻 MISSION:4)

ですから、もしもボンドが人間の言語で心の中で話していた場合はもちろんですが、そうではなくアーニャがボンドの心の声を人間の言語に変換していたのだとしても…

人間の言語に変換が可能なほどボンドが人間に近い心の声を発していたことは間違いありません。

ボンドの想像の中で人間たちが話している

また、ボンドの想像(というか妄想というか)の中でアーニャもヨルもロイドもいろいろなことを言っています。

いくつか例を挙げていってみますと

研究所の人:「とうとう見つけたぞ8号 おまえには死んでもらう」

アーニャ:「ははをおこらせたら ころされるからきをつけろ」

ヨル:「だって私のごはんを嫌がるんですもの…」

などといったようにです。(スパイファミリー7巻 MISSION:40)

人間たちがこれだけ何かを言っているところを想像できるわけですから…

やはりボンドは人間の言葉をかなり理解していると考えるべきなのではないかと思います。

ですから、ボンドの知能=IQが相当高いことは間違いなさそうだと思いますが…

プロジェクト・アップルの要求水準が、さらに上をいっていたのか…

あるいは、プロジェクト・アップルの研究者たちはボンドの高いIQを見抜くことができなかったのかもしれませんね!?

ボンド=実験体8号のIQの高さについて|SPY×FAMILY考察|漫画友達
SPY×FAMILY考察|漫画友達

【スパイファミリー考察 その他の記事】

ベッキーの精神年齢は高いのかな?|スパイファミリー考察

ロイド、アーニャ、ヨルにとっての偽装家族|スパイファミリー考察

スパイファミリー68話感想&考察 ユーリは永遠に姉離れできない?

ダミアンは実はかなり男らしい!|スパイファミリー考察

スパイファミリー=特殊家族全員が世界平和のために強大な敵と戦う?

アーニャの超能力を研究者は評価しなかった?|スパイファミリー考察

ボンドの犬種は?グレート・ピレニーズ?|スパイファミリー考察

スパイファミリー67話後編感想&考察 ロイドが診療部部長を手玉に

アーニャが超能力者とロイドが気づかない件|スパイファミリー考察

ヨルはガーデンに精神を操作されている?|スパイファミリー考察

スパイファミリー67話後編展開予想 スパイと密告されたロイドは?

アーニャとボンドは同じ研究者の被験体・実験体|スパイファミリー考察

アーニャの成績は良くないが頭脳優秀?|スパイファミリー考察

ロイドがヨルの正体に気づいたらどうなる?|スパイファミリー考察

アーニャの出生の謎 本当に6歳?|スパイファミリー考察

ロイドがヨル=殺し屋と気づかない件|スパイファミリー考察

※この記事は集英社ジャンプコミックス・遠藤達哉著「SPY×FAMILY」1~9巻、「SPY×FAMILY公式ファンブック EYES ONLY」、「少年ジャンプ+」などを資料にしています。

本文中( )内にスパイファミリー○巻 MISSION:○とある場合は「SPY×FAMILY」該当巻・該当話を参照したことを意味します。

タイトルとURLをコピーしました