アーニャの超能力を研究者は評価しなかった?|スパイファミリー考察

スパイファミリー考察|漫画友達スパイファミリー
スパイファミリー考察|漫画友達

スパイファミリー考察 アーニャの超能力を謎の組織の研究者たちは評価していなかった?

施設から逃亡したアーニャを謎の組織は連れ戻そうとはしなかった!?

アーニャは、とある組織の実験によって偶然生み出された被験体”007”でしたが施設から逃亡しています。(スパイファミリー1巻 MISSION:1)

ですが… アーニャに施設から逃亡されてしまった組織は、おそらくアーニャのことを探そうとはしなかったのではないかと思います。

なぜならば… フランキーの調べによって

■アーニャは1年ちょいの間に4回も里子に出されている

■その間に施設も2度移っている

といったことがわかっていますが…(スパイファミリー1巻 MISSION:1)

フランキーがちょっと調べただけでそんな事がごく短期間のうちわかったくらいですから、もしもアーニャに逃亡された組織が、アーニャを連れ戻そうとして探していれば…

簡単に彼女を見つけ出し、組織の施設に連れ戻すことはできたはずだと思われるからです。

それにも拘わらず、アーニャは組織に連れ戻されることなく、1年ちょいの間に4回も里子に出され、施設も2度移っていたわけですから…

アーニャに逃亡された組織は、アーニャを探し出そうとはしなかったのではないかと考えられます。

アーニャを生み出した研究はボンドを生み出したプロジェクトアップル同様に頓挫した

以前にアップした「アーニャとボンドは同じ研究者の被験体・実験体|SPY×FAMILY考察」という記事にも既に書かせていただいたのですが…

アーニャを生み出した研究を行っていた組織とボンドを生み出したプロジェクトアップルを実施していた組織は同一の組織である可能性が高いと思われます。

なぜならば、「SPY×FAMILY1巻 MISSION:1」でアーニャの回想に登場する研究者と「SPY×FAMILY4巻 MISSION:22」でボンドの回想に登場する研究者を見比べますと…

どちらにも真ん中に髪をチョロリと垂らしている男とスキンヘッドの男がいますが、どう見てもこいつらは同一人物ですからね!

ですから… ボンドを生み出したプロジェクトアップルがロイド(黄昏)がつかんでいた情報のとおりに政権が崩壊したために研究半ばで計画が頓挫していたのだとすれば…(スパイファミリー4巻 MISSION:19)

アーニャを生み出した研究の方もプロジェクトアップルと同様に頓挫してしまった可能性が非常に高いように思われます。

逃亡したアーニャのことを組織が探し出し、連れ戻そうとしなかったのは、政権崩壊によってアーニャを生み出した研究が頓挫してしまったからなのでしょうかね?

アーニャの超能力を評価していたら、それでも研究者たちは彼女を連れ戻そうとした!?

アーニャの超能力を研究者は評価しなかった?|スパイファミリー考察|漫画友達
スパイファミリー考察|漫画友達

プロジェクトが頓挫しても組織が崩壊しても…

とはいえ… 上記の推察どおりに超能力者アーニャを生み出した研究自体が政権崩壊によって頓挫してしまったのだとしても…

もしも研究者たちがアーニャの超能力を高く評価していたとしたら、なんとか彼女のことを探し出そうとしたのではないかとも思えます。

アーニャを生み出した研究=プロジェクトが頓挫したのだとしても…

研究を行っていた組織自体が政権崩壊の煽りを食って崩壊していたとしても…

もしもアーニャの超能力が高く評価されていたとしたら、アーニャを探し出し、彼女の超能力についての研究を続けようとする研究者が出てきても全く不思議ではなかったと思います。

アーニャの超能力は高く評価されてはいなかった!?

ですが… 実際には組織から逃亡したアーニャを探し出そうとした者は研究者たちも含め、誰もいなかったようですから…

アーニャの超能力は組織からも研究者たちからもあまり高く評価はされていなかったのかもしれませんね。

もしも超能力者アーニャを生み出した研究が、ボンドを生み出したプロジェクトアップルを実施していたのと同じ組織によって行われていたのだとしたら…

プロジェクトアップルが軍事目的でIQの高い動物を生み出そうとしていたものであった以上…

超能力者アーニャを生み出した研究も軍事目的で行われていた可能性が極めて高いでしょう。

アーニャの超能力が高く評価されていなかったのだとしたら、それは彼女の超能力が軍事利用するのは難しいと判断されたためだったのかもしれませんね!?

アーニャの超能力を研究者は評価しなかった?|スパイファミリー考察|漫画友達
スパイファミリー考察|漫画友達

【スパイファミリー考察 その他の記事】

ベッキーの精神年齢は高いのかな?|スパイファミリー考察

ロイド、アーニャ、ヨルにとっての偽装家族|スパイファミリー考察

スパイファミリー68話感想&考察 ユーリは永遠に姉離れできない?

ダミアンは実はかなり男らしい!|スパイファミリー考察

スパイファミリー=特殊家族全員が世界平和のために強大な敵と戦う?

ボンドの犬種は?グレート・ピレニーズ?|スパイファミリー考察

スパイファミリー67話後編感想&考察 ロイドが診療部部長を手玉に

アーニャが超能力者とロイドが気づかない件|スパイファミリー考察

ボンド=実験体8号のIQの高さについて|スパイファミリー考察

ヨルはガーデンに精神を操作されている?|スパイファミリー考察

スパイファミリー67話後編展開予想 スパイと密告されたロイドは?

アーニャとボンドは同じ研究者の被験体・実験体|スパイファミリー考察

アーニャの成績は良くないが頭脳優秀?|スパイファミリー考察

ロイドがヨルの正体に気づいたらどうなる?|スパイファミリー考察

※この記事は集英社ジャンプコミックス・遠藤達哉著「SPY×FAMILY」1~9巻、「SPY×FAMILY公式ファンブック EYES ONLY」、「少年ジャンプ+」などを資料にしています。

本文中( )内にスパイファミリー○巻 MISSION:○とある場合は「SPY×FAMILY」該当巻・該当話を参照したことを意味します。

タイトルとURLをコピーしました